ブログ

2021.08.30

ゆるぎない平安と幸福を得るTM(超越瞑想)

サムネイル

【マハリシ・マヘーシュ・ヨーギーへの質問】

Q「人々が苦しんでいるときに、自分だけが幸せで満足しているとしたら、その人は非常に利己的ではないでしょうか?

マハリシ「問題は、不幸な人がどんなに他人を助けたいと思ったとしても、何ができるのかということです。不幸な人はその人自身が悩み悲しんでいます。そのような人に何ができるでしょうか?彼は他人に同情して一緒に泣き始めます。それ以外にどうすることもできないのです。

結果はどうでしょうか?前は一人の人だけが泣いていたのに、今は二人目も泣き始めました。

しかし、もし彼が超越瞑想の技術を得て瞑想し始めたとしたら、彼は内側から幸福になります。彼は以前よりも賢く有能になります。

それから幸せな笑顔で大きな調和の雰囲気をもって、悩んでいる人のところへ行きます。彼はただそこにいるだけでその場の雰囲気を変え、悲しんでいる人を元気づけます。

苦しんでいる人を助けたいと思うならば、―私たちは誰でも皆人間としてそう思うのですが― 他の人たちを助ける唯一の方法は、自分自身が幸福になる技術を得ることです。

苦しみの世界に飛び込んでいく前に、私たち自身の平安と幸福の水準を維持する能力を得ることがとても大切です。

人が幸福になるとき、その人のあわれみは大きくなります。幸福な人は不幸な人よりも他人の不幸がよくわかります。不幸な人は自分が苦しむのに忙しく、他者の苦しみを見る余裕がありません。悲しんでいる不幸な人の心には、あわれみの情は目覚めていません。

しかし幸福な人、平安な人の中には、大きなあわれみの情、親切心が目覚めています。

この瞑想(TM-超越瞑想)は、私たちを自分自身の平安と幸福の上に確立します。そうすると、より大きな能力、さまざまな美徳があらわれ始めます。

そのようにして私たちは平和に満ちた自分の環境を維持し、そして私たちが行くところどこへでも、平安と幸福の輝きを持っていくのです。」

他者の幸せを考えるなら・・・ | 超越瞑想(TM)福岡センター (tm-kyushu.co.jp)