ブログ

2021.04.03

「自然であること」

サムネイル

「自然であることが効果的であることの基です。

何か別物のふりをすれば、自然であることの魅力が失われます。

その結果、ストレスが溜まります。

人生・生命は、考えるものではありません。生きるものです。

私たちは必要以上に自分自身のことを考えません。

必要以上に他人のことを考えません。ただ自然にふるまうだけです。

人にどう思われるかを気にして気分を作ってはなりません。

私たちは誰かが何気なく口にする感想や批評を糧に生きているのではありません。

自然にふるまい、人の役に立っているのならそれで十分です。

人が自分のことをどう思うかはこちらの関心事ではありません。それは相手方の関心事です。

自分が弱ければ誰かの気まぐれな意見に絶えず翻弄されてしまいます。

人生は他人の意見を土台にして築くものではありません。

しかし、良心が清らかでなければ、ずっと弱さを抱え、つねに人の顔色や批評が気になるでしょう。

いつも人の反応を窺ってばかりいるとしたら、それは人格の弱さにほかなりません。

大切なのは生命を放射すること。それだけです。人はみな、自分自身にとって、家族にとって、社会にとって、喜びでなくてはならないのです。」

マハリシ・マヘーシュ・ヨーギー