ブログ

2021.03.16

自分を知れば、人生から迷いがなくなる

サムネイル

自分のビジョンが明確になる

1か月ほど前にTM(超越瞑想)を始めた方が、先日フォローを受けに来られました。30代、会社員の男性です。TMを始めてからのご自身の変化を、次のように話してくれました。

「自分自身のことなのに、どうしたいのか、どうしたらいいのかわからなくて、ずっともやもやしていたことが、自分の中ではっきりしてきました。」

これを聞いて、私はその前の週に来られた会社経営の女性の言葉を思い出しました。その方も同じようなことをおっしゃいました。「TMをするようになってから、これから自分がどういう方向に進んでいきたいのかが明確になりました。」と。

TMの実践によって、皆さんの人生がより確かのものになっていると知るとき、私はとてもうれしく感じます。ぜひこれからも瞑想を続けていただき、その人らしい豊かな人生を送ってほしいと思います。

自分を知るための実践

TM(超越瞑想)は、自分自身を知り、本当の意味で自分を生きるための実践です。(同じような内容を以前にも書いた覚えがあります・・・。過去の記事もどうぞご参照ください。)

考えてもみてください。

小学校入学から大学・大学院卒業までの教育課程のどこかで、「自分自身」について学んだことがあったでしょうか?自分を深く知るための具体的な方法を教えられたことがあったでしょうか?「自分自身を体験する」という体験を一度でも与えられたことがあったでしょうか?

そんなこと、やったことがない、という方がきっとほとんどでしょう。(それらしいことといえば、せいぜい自己分析の方法を習ったという程度のことではないでしょうか?)

私たちは、真に自分を知ることのないままに、自分以外の物事について何年間もかけて勉強してきたわけです。そして多くの場合、その勉強は学校を卒業してからもさまざまな形で続きます。向上心のある方、好奇心旺盛な方は今現在も続いているはずです。

こうして取り込んできた膨大な情報、知識がどのぐらい私たちの人生に豊かさと喜びを与えてくれているでしょうか?私たちはたくさんの情報や知識によって、満たされた幸せな人生を得ることができたでしょうか?

これらの情報、知識が人生において本当に役立つのは、私たちが自分をよく知り、自分自身を生きているときに限られます。どんなものでも、やみ雲にただたくさん蓄えればよい、というものではありません。手持ちの資源を何にどう活かすは、常に私たち自身にかかっています。

さて、TM(超越瞑想)中には、私たちはただ「自分自身」を体験します。周りにあるさまざまなものごと、今日起こったあれこれの出来事から離れ、ただ自分だけになる、という体験です。

この実践を毎日毎日繰り返します。忙しい日も、そうでない日も、疲れているときも、そうでないときも、とにかく欠かさず行います。すると徐々に自分自身との距離が縮まり、自分との関係がぐっと深まります。親密になります。瞑想という方法を通じて、このようにして私たちは自分を真に知るようになるのです。

冒頭にご紹介したお二人のように、自然と自分のビジョンが明確になってくるのは当然のこと。自分にとって重要なもの、必要なこと、なすべきこと、したいこと・・・・。こういったことがはっきりしてきます。

人生が整理されて、シンプルになったように感じられることでしょう。悩みや迷いが減っていくでしょう。そしてそこから、ようやく私たちは本当に自分らしい生き方ができるようになるのです。

マハリシ総合教育研究所 平松直子

アスリートとTM | 超越瞑想(TM)福岡センター (tm-kyushu.co.jp)