ブログ

2020.03.21

心を純粋にする、TM(超越瞑想)

サムネイル

心が純粋で、内面のよい質が輝いているとき、それは人としての最高の魅力です。

私たちは自分を少しでも見栄えよく見せるために一生懸命見た目を整えようとしますが、内面を整えること、心の質を高めるためのことは後回しになりがちです。見た目をどんなに飾りたてても、内面は如実に外側に現れる、ということを忘れてしまうからでしょう。

私たちの内面は何気ない言葉や雰囲気、ふるまいの質となって周囲に伝わります。そして、それは身近な人たちとの関係にも影響しています。

もしも周りの人たちともっとよい関係を築きたいと望むなら、私たちがまず最初に取りかかるべきことは、自分自身の内面の状態をよりよく変えていくことです。

さて、心の純粋さ以上に人を輝かせるものはありません。それは外側の飾りを超えて、会う人々を魅了します。発することば、放つ雰囲気、そして何よりもその存在自体が相手に深い印象を残します。

純粋な心が放つ輝きに、周囲の人々はよい反応を示します。ことばや行動は周りの人たちに好感を持って受け止められ、賛同や協力、サポートが自然に集まってきます。物事は水の流れのように滑らかに、問題にも困難にも出遭うことなく成就します。

TM(超越瞑想)を現代社会に広めたマハリシ・マヘーシュ・ヨーギーは、「偉大な成功をもたらすのは心の純粋さである」と述べています。

純粋な心には物事を動かす力があります。純粋な心の持ち主は、どんなことも喜びの中で実現していくことができるのです。

誰もが自分の中に純粋な部分を持っています。TM(超越瞑想)はそれを覆い隠しているものを取り去り、心を純粋にします。そして、内側のよい質が輝きを増して、もっと外側に現れ出てくるようにします。

曇りのない純粋な心は、どんなことも穏やかに受け止め、どんなものにもよい面を見、それを無邪気に喜び、楽しみます。どんな環境も最大限に活用し、よいことのために役立てます。

純粋な心は柔軟で創造性に富み、また強い心です。それは鋼のような、硬い、硬直した強さではありません。柔らかく、とても繊細で、なおかつ強いのです。

このような心の持ち主には不平も不満も生じる余地はありません。常に満ちたりて、幸せです。そして善いもの、有益なものだけを磁石のように引き付けるのです。

自分の中の100%の純粋さをTMという瞑想によって直接体験することができます。毎日の実践は、その純粋さを、実生活の中でも保てるよう育てていきます。

心が純粋になるにつれて、世界がこれまでとは違って感じられるようになります。外側の現実は、私たち自身の内面の現実。世界は何も変わっていなくても、心の質が変わることですべてが違って感じられるのです。

変化はいつも、最初は見えない深いところから始まります。毎日二回行うTMは、私たちを内側から、深いところから変えていくのです。

マハリシ総合教育研究所 平松直子

瞑想対談:ヤフー「幹部養成学校」学長が瞑想にハマる理由