ブログ

2020.01.28

TM(超越瞑想)はなぜ簡単にできるのか?

サムネイル

TM(超越瞑想)の効果は日常生活全般に現れます。仕事、学業、家庭生活、人間関係、心身の健康,など広範囲に及びます。その有効性は数々の調査研究によって裏付けられており、またTMを実践している人々の体験からも確認できます。

古くからある瞑想を科学が検証する!

TMの有効性には習得が容易である点も一役買っています。習得に時間のかかるものでは、効果もなかなか体験できないわけですから当然です。

実際約一時間の指導を受ければ、その日から早速自分で実践できます。たいへん単純なテクニックで、実際のやり方に関して学ぶことは多くはありません。指導を受けた方は、多くの場合「本当に簡単だ。これならできそう」と安心するか、「えっ!?これだけ?」と拍子抜けするかのどちらかでしょう。

何か特別なことをした、という感じもなく自然に瞑想ができ、「瞑想=難しいもの、堅苦しいもの」というイメージを持っている方は驚かれるはずです。

TMはなぜこれほど簡単にできるのでしょう?修行も訓練も必要なく、始めた最初の頃から深い体験が得られます。いったいなぜなのでしょうか?

心は魅力的なものに引きつけられる

この瞑想は私たちの心に備わる、ある傾向に沿ったテクニックです。

心に備わる傾向とはどのようなものでしょうか?心が好むもの、求めるものとは何でしょうか?

心はいつも、より大きな満足、より大きな幸せを求めます。今持っているものには満足せず、もっと幸せでいたい、もっともっと満たされたいと望み、この願いを叶えてくれるものを探しています。もし今以上の大きな幸福を見つけたなら、当然それに魅了されます。それを手に入れ、味わいたいと、強く引きつけられます。

誰の心も、この同じ傾向を持っています。

さて、私たち自身の内側、その奥深いところは幸せに満ちあふれています。自分自身の内深くには至福があります。心が求めてやまない大きな幸せが、実はこんな身近なところにあるのです。もっと大きな幸せ、もっと大きな満足を求める心の願いは、実は自分自身の中で成就するのです。

ところが、私たちはこれまでこのことを知りませんでした。幸せも喜びも満足も、自分の外に求めてきました。ですから、心はいつも自分の周りの世界にばかり向いていました。

TM(超越瞑想)は、この心の向かう方向を変えさせます。自分の周りばかりを見ていた心を、内側に向けるのです。すると、その奥底には至福があります。それは心にとって大きな魅力、あらがいがたい魅力です。その強力な魅力に引きつけられて、自分の中に飛び込んでいきます。それを味わい、楽しもうとして、そこへ近づいていきます。行けば行くほど幸せが増し、その源に到達するとそこは至福です。このとき心は完全に満たされ、深く安らぎます。

これがTMの最中に自然に起こる体験です。そこへ行こうと意図したり、集中したりはしません。大きな幸せという強い魅力にただ引きつけられて、自分自身の奥深いところへと進んでいくのです。自分を満たし楽しませてくれるものに魅了され、引きつけられる、という心の傾向によって自然にそうなるのです。

このようにTMという方法によれば、自分の内深いレベルを体験することは、まったく難しいことではありません。TMの最中には、それは自然に起こるのです。

自分の中の大きな幸せに触れれば、それが心を満たします。それに触れる度に心の満足度、幸福感が増していき、不安や悩み、欲求不満、自信のなさは次第に消えていきます。そして物事をもっと楽しめるようになります。

TMは自分の中の大きな幸せ、至福の場へと私たちを連れて行く、簡単で確実な方法です。毎日の実践によって日々自分を満たし、自分で自分を幸せにし、人生を楽しむことができるのです。

マハリシ総合教育研究所 平松直子

囲碁女流棋士のTM体験「今日のこの日を楽しむ。それが人生」