ブログ

2019.08.03

内側へ行く

サムネイル

先日、あるところで「幸せになるために必要な五つのこと」というタイトルを見かけました。内容は読んでいませんが、幸せになるために「五つ」ものことが必要なのでしょうか?三つとか二つ、いっそのこと一つだけ、など数を絞ってくれたらいいのに・・・、と思いませんか?どんなことでも、簡単で楽な方法があればそれに超したことはありません。

そこで、ここでは「幸せになるために必要な、たった一つのこと」を提案します。

幸せになるために必要な、たった一つのこと

私たちは多くの場合、何らかの出来事や体験から喜びを得、幸せを感じます。例えば、長年の願いが実現したり、事業が大成功したり、すばらしい芸術作品に触れたり、心躍る体験をしたり・・・。このようなことにも確かに満足や喜び、幸せがあります。ですが、周りで起こる出来事や体験から得る幸せは、限定的なものでしかありません。そのときどれほど大喜びし、最高に幸せだ!と思ったとしても、それはやって来ては去って行く、あてにならない一時的なもの。不確かなものなのです。

このタイプの幸せをいくら集めても、私たちが本当に満たされることはありません。必要なのは、もっと安定した確かな幸せ。来ては去って行くようなものではなく、決してなくならない揺るぎない幸せです。これが本当に「幸せ」と呼べるものです。そしてそれは、私たち自身の内側にあります。「幸せ」と呼ぶに値するものは、自分の内側以外のところからは得られないのです。

内側にあるこの本物の幸せは、周りの出来事や状況とは何の関係もありません。それは外側の物事からはまったく影響を受けません。どんなときにも、それは常に私たちの中にあります。そして、そこへ行きさえすれば、私たちはこの確かな幸せをいつでも得ることができます。ただ一つ、「内側へ行く」という実践だけが必要です。それによって、決してなくならない本物の幸せが得られます。幸せになるためにそれ以外の何かをする必要は、実はないのです!

幸せになるために必要な、たった一つのこと。それは「自分自身の内側へ行くこと。」

瞑想―TM(超越瞑想)は、内側へ行き、本当の幸せを得るための実践です。

TMを毎日実践すると、TM中に体験する深い安らぎが、TMの後にも持続するようになります。瞑想が終わったあと、仕事や勉強、家事などに取りかかり、忙しくしている最中にも、落ち着き、穏やかさ、充足感が消えずに続きます。その代わりに、不安や焦り、緊張、疲れ、ストレスなどは消えていきます。

「何にも影響されない確かな幸せ」という安定した基盤を得て、ようやく私たちは本当に安らぐことができます。自分の内側に心地よさ、快適さを感じられるようになるでしょう。内面の幸せが増えれば増えるほど、周りの世界との関わりをより一層快適に感じ、それを純粋に楽しむことができます。

豊かな、充実した人生のためには、まず内面に確かな幸せを得ることが必要です。そして、それはたった一つのことを行うだけで叶うのです。

TM体験談「誰もが幸せを生きることができる」

イタリア人のミュージシャンの方のTM体験をご紹介します。彼はTMhome のインタビューで、超越瞑想を行うことで現実的で安定した喜び、幸せが続くようになったと答えています。

──超越瞑想に興味をもったのなぜですか?

私は以前から、超越瞑想に関する本を2冊読んでいました。しかし、デヴィッド・リンチが瞑想の効果について2~3の質問に答えたビデオを見た後に、初めて瞑想を学ぼうと思いました。彼が話している様子がとても印象的だったからです。彼は、本当に変化を生み出すことのできる何かについて話しているとはっきり感じたのです。

──あなたには、そのような変化がありましたか?

たくさんの変化がありました。超越瞑想は、自分自身や自分が生きている世界に関する新しい見方や、より深い理解をもたらしてくれました。仕事と日常生活の両面で、大きなエネルギー、強い喜びや幸せ、より親密で安定した人間関係が得られました。新しい創造的な考えが絶え間なく浮かんできます。それは本当に素晴らしいことです。

誰もが幸せで価値のある人生を生きたいと思っています。瞑想はまさにそうした人生を与えてくれます。学ぶ人の個人的な信条、宗教、ライフスタイルに関係なくです。

瞑想によって非常に深い喜びが得られます。一度それを体験したらその状態から離れていることができないくらい、現実的で安定した喜びです。そのような幸せが続くのです。         TMhomeインタビュー より

人生を楽しむために必要なこと