ブログ,書籍

2019.06.27

創造的能力を高め、個性を引き出す

サムネイル

TM(超越瞑想)を学ぶコース】を受講中の方からこんな質問がありました。「瞑想すると個性ってどうなるんですか?」という質問です。

瞑想するとただひたすらもの静かで落ち着いた性格になって、個性がなくなってしまうのかと思ったのだそうです。瞑想によって心の落ち着きや穏やかさが養われるのはよいことですが、誰もが同じようなタイプになってしまうのでは確かに面白くありません。

『世界のセレブが夢中になる究極の瞑想』(かんき出版)には、ある著名な映画監督が、TMを学ぶ前に同じように考えていたことが書かれています。本文より引用して以下にご紹介します。

ここに登場するデイヴィッド・リンチ氏はアメリカの映画監督で、彼の作品は日本でも数多く公開されてきました。映画好きの方にはよく知られた存在です。長年TMを熱心に実践しており、TM普及の推進者でもあります。

◆◆◆  ◆◆◆

デビッド自身がTMを始めたのは1973年だ。それ以来、一日二回の瞑想を欠かさず続けている。

彼はTMの効果を、心の「容器を拡大する」と表現する。「アイデアが流れる水路が広くなるんだ」と、彼は以前話してくれた。「ただアイデアが欲しいと思うだけで、アイデアが次から次へと湧いてくる」

あなたも瞑想すると、思考の深い次元にアクセスできるようになる。もっとも奥底にある直感のレベルだ。

「すべてのアーティストが、その次元にアクセスすることを目指している」と、デヴィッドは言う。「自分自身にとって『正しい』と感じられるなにかを、手に入れたいと思っているんだ。直感はおそらく、人間にとってナンバーワンのツールだろう。直感は感情と知性の融合だ。超越するほど、直感も大きくなる」

そして規則正しく瞑想を続けると、直感レベルにアクセスするのもどんどん簡単になる。

デヴィッドも最初のうちは、そこまで確信がなかった。

「たいていの人は、瞑想をすると確かに心は落ち着くが、退屈でつまらない人間になると考えている」と彼は言う。

「私もそうだった。瞑想する人はみな同じような感じになると思っていた。鐘を鳴らしながら、揃ってどこかに行進していくイメージだ。自分もそうなってしまうのかと心配していたんだ」

しかし、実際はその正反対だった。TMをすることで芸術的な感性がさらに研ぎ澄まされ、より自由な発想ができるようになったのだ。

―中略

彼の考えでは、怒り(利己的な恨みとしての怒り)は、ただのマインドコントロールだ。「自分が怒りにコントロールされた状態だ」と彼は説明する。

「その状態になって、いいことなど一つもない。激怒している人は、心が怒りに占領されている。アイデアが流れ込んでくる余地がまったくなくなってしまう」

簡単に言うと、慢性的なストレスや疲労を抱えている人は、みな同じように見えて、同じようにふるまうということだ。彼らはみな、ピリピリして、不機嫌で、イライラして、不健康だ。

瞑想はむしろ、それぞれの個性を引き出してくれる。ストレスや疲労に邪魔をされず、自分だけの才能を発揮することができる。つまり、より創造的に、より生産的になり、より満足できるということだ。

◆◆◆  ◆◆◆

ストレスや緊張が解消され、リラックスして落ち着けば、より自分らしく自然に振る舞うことができます。自分の持ち味や独自の才能が、普段の活動の中に自然と現れ出てくることでしょう。自由な考えや枠にとらわれない斬新な発想が、内から湧いてきます。創造的能力が高まり、誰もがより一層個性の光る存在となるはずです。

このことを著者は「樹木への水やり」を例にして、次のように説明しています。

◆◆◆  ◆◆◆

果樹園に10種類の果物の木を植えても、長期間にわたって水やりをしなかったら、枯れ木ばかりになってしまう。果樹の種類は違っても、見た目はみな同じで、ただの枯れ木だ。

しかし定期的に水やりをすれば、それぞれの果樹が独自に成長し、バラエティ豊かな果樹園になる。リンゴの木も、オレンジの木も、チェリーの木も、みな元気に葉を茂らせ、花を咲かせ、実をつけている。花の香りはそれぞれ違い、果実の味もそれぞれ違う。

◆◆◆  ◆◆◆

TMは果樹園の木に水をやるのと同じこと。私たち人間も、十分なエネルギーを得て、元気を取り戻せば、一人一人がますます個性的な魅力あふれる存在になっていく。

そして、そのためには自分自身への水やりを忘れずに。カラッカラに乾いてしまってからではなく、そんな事態にならないように、毎日欠かさず「瞑想」という上質な休息を自分自身に与えてください。

TM(超越瞑想)は四日間連続の日程で受講するコースの中でやり方を学ぶことができます。興味のある方は、まずは説明会へご参加ください。

マハリシ総合教育研究所 平松直子

動と静―生命の二つの面を生きる

超越瞑想を学ぶコース